ヤマト住建の評判はどう?坪単価・標準仕様・値引きなどの情報まとめ!

 

主に関西地区、他では東京など都市部で活動を展開している「ヤマト住建」。規模は小さいながら価格の低さだけではない安定した家作りを行い、一定以上の人気を獲得しています。

 

そんな「ヤマト住建」ですがまだまだ知らない人も多く、価格帯以上の情報を得ていない人も多いはず。

 

そんな人のためにローコストメーカーとしてのヤマト住建の基本情報をまとめてみました。まずは口コミからご覧ください。

 

ヤマト住建の評判はどうなの?満足、後悔どっち?

 

ヤマト住建に関する口コミを見る前に、まずは基本的な情報をご紹介します。

 

ローコストメーカーとして一定の人気を獲得しているヤマト住建、ここが特に本領を発揮するのはエネルギー問題やシックハウス対策などの住宅性能に関してです。

 

安心、安全な暮らしの確保を得意とし、エネルギー問題に関してはこれから先を見据えた「ZEH住宅」の取り扱いも行っています。

 

ZEH住宅には断熱性といった従来の性能も必須となり、必然的に住宅性能の高い家が完成するのです。

 

それを踏まえた上でいくつかの口コミをご覧ください。

 

微妙な口コミ

 

「あまり大きなメーカーではないからか、営業の方の対応に少し不満があります。長い付き合いになるのでここも大切なポイントだと思っています」

 

「インターネットでいろいろと見て安そうだったので相談に行きましたが、結局は相応の価格になってしまいました」

 

良かった口コミ

 

「とてもリーズナブルで、かつ性能も安定した家を建てられました。賞を獲得したこともあるそうなので安心して任せられます」

 

「新築で心配していたシックハウス症候群の対策も取られているという部分に惹かれました。住み始めて慣れないうちから身体の調子が悪くなるのは避けたいのでそういった心配がないのは安心できます」

 

「設計の自由度がとても高く、ペットに合わせた家を建てられるというのが大きなポイントになりました」

 

「断熱性と気密性をとても気にしていたのですが、この二つが明確に発表されていたのでこのメーカーを選びました。おまけに価格もかなり抑えられるのでとても良い買い物をしたと思っています」

 

口コミまとめると

 

広告では20万円代も可能と謳っていることから、低価格を目当てにした方が多く集まっているようです。実際にはそれよりも少し価格帯は上がってしまうようですが、いずれにしても安く収められるのは確か。

 

それに加え、明確にされている断熱性など住宅性能の高さも特徴的です。

 

各種性能の高さを実現しながら、各家庭の暮らしに合わせた自由度の高い設計も得意。シックハウス対策といった性能にも定評があります。

 

ヤマト住建の坪単価や価格はいくら?

 

ヤマト住建の価格帯についてもご紹介。2017年に「ハウス・オブ・ザ・イヤー イン・エナジー」にて大賞を受賞した「エナージュUW」から、基準となる価格帯を見ていきたいと思います。

 

エネージュUW

 

「エネージュ」シリーズとは省エネに特に力を注いだ商品プラン。いくつもの商品プランを展開しているもので、この「エネージュUW」は特にそれらの性能が突出して高いプランになります。

 

「ZEH」住宅としての基準をクリア、ヤマト住建の中ではNO.1と言える省エネ性能を誇る住宅になっています。

 

坪単価は50万円〜、省エネ性能が高いのでランニングコストを抑えるのに適した商品です。

 

住宅性能の高さに特化した「エネージュUW」は、賞を受賞するほどの性能。他と比べると若干ではありますが坪単価は高くなっています。

 

同じ「エネージュ」の中でもいくつもの商品が存在しており、平均的な坪単価は約45万円前後といったところ。

 

いずれも1.000万円代での購入は可能で、大きくなる3階建てのプラン「エネージュIP3F」においても1.880万円という価格設定がなされています。

 

ヤマト住建の標準仕様は?

 

標準装備にも触れておきたいのですが、ヤマト住建では事前の水回りの設備などの確認が難しく、メーカーの情報は分かりません。

 

もちろん基本的なキッチンや浴室、トイレは備わっているはずですが、メーカーが気になる方や、それぞれがどんな機能を備えているのか、またグレードアップが可能かどうかは直接相談することが必要になるでしょう。

 

素材

 

外壁など住宅を作るのに必要な素材には「天然無垢材」を使用。シックハウス症候群を防ぐのにも適した素材で家を建てるので、小さな子供がいても安心です。

 

浄水

 

水回りのメーカーの事前確認は難しくなっていますが、ヤマト住建には暮らす人の健康に配慮し浄水装置を設置。水道引き込み部での浄水を行うことで、家のあらゆる場所の水が綺麗になります。

 

ヤマト住建の住宅性能はどうなの?

 

耐震性能、そして断熱性といった住宅性能についてもご紹介します。

 

耐震性

 

ヤマト住建では「住宅の地震対策を強化」をテーマにした耐震性の確保を努め、木造軸組、金物工法、そしてパネル工法により高い耐震性を確保しています。

 

それにより発揮される耐震等級は最高ランクとなる「3」。

 

特にヤマト住建の目玉となる制振システム「制振ダンバー evoltz」により大幅に揺れを抑えることが可能となっています。

 

断熱性・気密性

 

ヤマト住建では大きく3つの工法により断熱性を確保。「外張り断熱工法」「丁寧な施工」そして「樹脂サッシ」と小さなものから大きなものまで、断熱性には強いこだわりを見せています。

 

人気商品「エネージュUW」では硬質ウレタンフォーム保温板、ビーズ法ポリスチレンフォーム保温板などを採用し、その結果UA値では0.27、C値では1.0という高い数字を獲得しています。

 

ヤマト住建は値引きはない?実際のとこどうなの?

 

いくらローコストメーカーとはいえ、やはり値引きにはいくらか期待してしまいます。

 

しかしヤマト住建では全くと言っていいほど「値引きをしない」メーカーとして知られ、実際にここで値引きを受けたという声はほとんどありません。

 

基本的には値引きはしない、というメーカーであることは確かなようですが、キャンペーンを利用しての値引きは存在。何も無い状況から値引きは難しいかもしれませんが、こういった状況での値引きなら可能性はあるようです。

 

まとめ

 

ハウスメーカーとして賞を獲得しているというのは大きな功績、それ自体が住宅の性能を物語ることになり安心感も生まれます。

 

ヤマト住建はそういった意味ではローコストメーカーとして安心感のあるメーカーですが、やはり性能を求めるとある程度の価格の上昇は否めません。

 

安く購入することができるプランや、グレードアップし性能にこだわったプラン、自分で選択することができるので予算を照らし合わせて相談することをおすすめします。