ユニバーサルホームの評判はどう?坪単価・標準装備・値引きなどの情報まとめ!

 

ローコストメーカーとして存在しながら、他よりも少しグレードの高い家作りが定評なユニバーサルホーム。確かな人気を集めながらも、価格帯では断トツに安い訳でもなく、では一体どこに魅力があるのか気になるところです。

 

ではその少しグレードの高くなる価格帯をはじめとする基本情報をまとめたものをご紹介。

 

まずはリアルな意見を知るべく、良い部分も悪い部分も口コミという媒体からご紹介しようと思います。

 

ユニバーサルホームの評判はどうなの?満足、後悔どっち?

 

「微妙な口コミ」「良かった口コミ」の2種類をご紹介しますが、まず最初にユニバーサルホームの概要を簡単にご紹介します。

 

ユニバーサルホームとはフランチャイズ方式を採用しているハウスメーカー。

 

現在では「適正価格」での家作りを展開していますが、基本的には平均よりも安い低価格な住宅を建設しているのが特徴です。

 

高性能外壁材ALCといった性能面に力を注いでいますが、ここで目玉となるのはやはり「地熱床システム」。自然の力を利用した快適な暮らし作りこそが特徴で、ここが選ばれる大きな要因ともなっています。

 

ではそれを踏まえて各種口コミを見ていきましょう。

 

微妙な口コミ

 

「20万円代という安い価格がある中で、やはりローコストメーカーとして見るとユニバーサルホームは少し残念な結果になりました。安さを求めると難しいのでしょうが、性能が良かったのでここに決めました」

 

「地熱を使った床暖房はとても快適。ですが場所を選ぶことにもなり、床に直接冷たい物を置けないので気を付けて利用する必要があるようです」

 

良かった口コミ

 

「ユニバーサルホームといえばやっぱり地熱床システムは外せません。快適に過ごせる上に、光熱費も抑えられるので安心して使うことができます」

 

「確かに価格はそこまで安いという訳ではありませんが、大手ハウスメーカーよりも安く性能にも安心感があるので大きな不満はありません」

 

「ALCという素材を使っているらしく、性能にとても優れているようですが一番恩恵を受けているのは音かもしれません。外からの音がほとんど入ってこないので休みの日や夜でも静かでゆったりとした時間が流れています」

 

「間取りをかなり細かく設計できるようで、不思議な空間のある家が完成しました。欲しい部屋や設備がいくつもあったのでそのほとんどが実現できたのにはとても満足しています」

 

口コミまとめると

 

数あるローコストメーカーと比べると価格帯に少し不満が見えますが、それ以外の性能面などでは概ね良好といったところ。

 

設計にもしっかりと自分のこだわりを反映できるので、特に内装を凝ったものにしたい人に向けたメーカーかもしれません。

 

一方で本メーカーの目玉である地熱床システムは賛否両論といったところで、場所によっては適していなかったりと使いどころで悩む人も出てきています。

 

ユニバーサルホームの坪単価や価格はいくら?

 

ユニバーサルホームの商品ごとの坪単価、そして平均的な坪単価をご紹介。商品プランは複数あり、それぞれで価格だけでなくスタイルも異なるのでいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

 

Kiduki きづき

 

「Kiduki きづき」はユニバーサルホームの20周年記念商品として登場したもので、「家族の暮らしを見守り続ける」をテーマにした家作りを行っています。

 

小さな子供のいる家庭に焦点を当て、子供の成長、家族間の繋がりを意識した設計を行い、そのために動きやすくシンプルな間取りが特徴となっている商品です。

 

坪単価は約50万円〜。

 

Rコンセプト

 

商品名にある「R」とはRound、つまり曲線を意味したもので、この商品の特徴はずばり曲線美となっています。

 

曲線となる部分は玄関やバルコニーなど、外から一目で分かるように設置されデザイン性の溢れた商品となっているのが特徴です。

 

坪単価は約45万円〜。

 

1000のひらめき

 

不思議な商品名であるこのプランはその名の通り「1000通り」のプランを自分で好きに設定できるのが特徴となっているプランです。

 

シミュレーションシステムを使い、いくつかの質問に応えるだけで簡単に自分にぴったりの間取りを見つけることができます。

 

あまり時間は掛けたくない、既に時間を掛けたけど決まる気配がない、という人におすすめのプランとなっています。

 

坪単価は約45万円〜。

 

商品プランにより価格帯は大きく変動しますが、平均して約50万円前後がユニバーサルホームの相場といったところ。

 

ローコストメーカーとしては少し高く感じますが、一般的な坪単価を考えれば安い方に入る価格となっています。

 

ユニバーサルホームの標準仕様は?

 

地熱床システムを標準としているユニバーサルホームですが、それ以外の基本的な設備に関しても気になるところ。そこでキッチンや浴室等の基本的な標準装備についてご紹介します。

 

標準装備

 

・キッチン(LIXIL、トクラス、クリナップ)
・システムバス(LIXIL、TOTO、積水ホームテクノ)
・洗面所(LIXIL、トクラス、アサヒ衛陶)
・玄関ドア(YKKAP)
・玄関収納(ウッドワン、YKKAP、南海プライウッド)

 

そして忘れてはいけないのが「高性能外壁材ALC」。ユニバーサルホームだけでなく、世界各国で使用されている高性能外壁材で地震や台風といった日本でも脅威とされている災害だけでなく、遮音性や耐火性といった幅広い性能を持った素材です。

 

ユニバーサルホームの標準的な外壁材であり、実際にユニバーサルホームで住宅を購入した人の多くがここを良い部分として挙げています。

 

ユニバーサルホームの住宅性能はどうなの?

 

基本的な耐震性、断熱性にも触れておきましょう。ユニバーサルホームがどれほどの性能を誇るのか、そこも確認しておく必要があります。

 

耐震性能

 

ユニバーサルホームは木造軸組工法を採用。それを完成させるのは「エンジニアリングウッド」「金物工法」「剛性床」です。

 

さらにそこに制震装置「MGEO-N63」を加えることで揺れを半分に抑えることができるようになっています。ユニバーサルホームの目玉である高性能外壁材ALCも地熱床システムもまた耐震性に機能しているもので、地震に対する強さを示す耐震等級ではランク「3」と最高ランクを取得していると言われています。

 

断熱性

 

断熱性に関してはユニバーサルホームでは「吹付硬質ウレタンフォーム」を使用することで高い断熱性を確保。

 

断熱性と共に気密性も発揮するウレタンフォームにより、性能を上げながら省エネにも繋がるものとして一定の評価を獲得しています。

 

またこの「吹付硬質ウレタンフォーム」は遮音性も高いので、ユニバーサルホームの目玉である高性能外壁材ALCと組み合わせることでさらに効果を発揮することになるのです。

 

これだけの配慮をしているユニバーサルホームですが、残念ながら公式からUA値などの数字を発表しておりません。気になる方は是非一度問い合わせていることをおすすめします。

 

ユニバーサルホームは値引きはない?実際のとこどうなの?

 

ユニバーサルホームはフランチャイズ方式、つまり値引きに関しては加盟店任せということになります。加盟店により対応も値引き額も異なり、してくれる所もあれば値引きはしない所もあるようです。

 

まずは値引きの有無を確認することがポイントなりそうですが、口コミでは100万円ほどの値引きを実現したという声もあるので多少の期待は持てるかもしれません。

 

まとめ

 

ローコストメーカーとしては若干残念な見積もりとなることもあるユニバーサルホームですが、各種性能や設備を見ると決して不満だけでは終わらないはず。

 

特に地熱床システムという珍しいものを採用しているあたり、独自性も高く家作りのこだわりも感じるので安心して任せられるのではないでしょうか。

 

特別安くはないものの、ここだけでしか見れない要素のことを考えれば一度足を運んでみてもいいのかと思えるほど。話を聞くよりもまずはモデルハウスなどで体験してみるといいかもしれません。