タマホームの評判はどう?坪単価・標準装備・値引きなどの情報まとめ!

 

タマホームと言えばローコストメーカーの中でも特別知名度の高いメーカーとしてお馴染みです。知名度の高さには宣伝効果が大きな要因となっていますが、宣伝費を掛けながらもしっかりと低価格を実現。

 

その低価格な住宅がどれほどの評判を呼んでいるのか、タマホームの口コミに関して確認していきましょう。

 

そしてタマホームの基本的な情報として坪単価から標準装備、値引きの有無までをまとめてみました。

 

タマホームの評判はどうなの?満足、後悔どっち?

 

まずは総合的に「満足」なのか「後悔」しているのか、口コミをご紹介。知名度は高く、利用者も多いタマホームですが必ずしも良い声だけが集まっているわけではありません。

 

口コミの紹介の前に簡単にタマホームについても触れておきます。

 

タマホームとは2018年で創業20周年を迎えたハウスメーカー。「大安心の家」という商品プランを筆頭に、いくつものタイプの商品プランを展開しています。

 

大きく知名度が拡がるのには有名タレントのCM起用もありますが、やはり価格の安さと品質の高い家作りを展開しているからでしょう。最長60年の長期保証がある点もまた高い評判を獲得している要因になります。

 

では口コミのご紹介です。

 

微妙な口コミ

 

「安い安いとは言われていますが、実際のところ坪単価20万円代というのはほとんど無理そうな印象です。結果的に我が家は40万円代に落ち着きました」

 

「営業さんの対応があまり良くはありません。価格が安く魅力的な家だっただけにそこが少し残念です」

 

良かった口コミ

 

「当初考えていたよりも価格は上がってしまいましたが、良い家が建てられました。安っぽくなるのかなと思っていましたが、実際にはそれなりに豪華な家になったように感じます」

 

「相談がとてもシンプルだったり、家自体にも凝った造りは見られない、といった点はありますがもともと低価格で提供されているのでそれで充分納得できます」

 

「年収があまり高くなく、建てられるのか心配でしたがそうした疑問にもしっかりと相談に乗ってくれたので安心して建てることができました」

 

「安いメーカーの家は長く暮らすものではない、と周りからも言われていました。しかしタマホームでは長期保証もつけることができるので、安く長く使うことができるようで安心です」

 

口コミまとめると

 

飛び切り安く、が特徴的なタマホームですがやはり最終的には当初の価格よりも上がってしまうようです。とは言え、それでも安いことには変わりなく、大手のハウスメーカーと比べれば雲泥の差。

 

価格に対しては好印象を与えているようで、そこに長期保証や作りの安定さなどでさらに良い声を産んでいるようです。

 

口コミは概ね好評といったところ。悪い声も決して少なくはありませんが、価格を見れば妥当とする声が多いように感じます。

 

タマホームの坪単価や価格はいくら?

 

続いてタマホームの坪単価についてご紹介します。紹介するのはタマホームの人気商品「大安心の家」、これを基準に他商品プランからもいくつかご紹介しようと思います。

 

大安心の家

 

大安心の家はタマホームの人気商品であり、最もベーシックなタイプの住宅です。

 

自由設計、注文住宅はもちろんのこと、耐久性もしっかりと確保しその名の通り安心して暮らすことができるようになっています。長期優良住宅にも対応した商品です。

 

坪単価は40万円前後と安定した価格を期待できます。

 

大安心の家 PREMIUM

 

その名の通り、人気商品である大安心の家をグレードアップさせたのがこの商品。

 

他の商品に比べて開口部を大きくするなど、快適性をワンランク上に。空気の通りを作るなど、細かな設計にも気を配りより暮らしやすくなっています。

 

坪単価は50万円前後とタマホームの中でもプレミアムをより感じる価格となっています。

 

木麗な家

 

木に焦点を合わせて設計されているのがこの商品「木麗な家」。各種設備や性能は他プランと大きく変わるわけではありませんが、価格を抑えることができるプランなのでこちらもまた人気を集めています。

 

坪単価は35万円前後。

 

タマホームは坪単価もかなり低く設定されていますが、なかなか20万円代での購入は難しいところです。全体的な平均は約40万円といったところ。価格に対する性能の高さが実感できるようになっています。

 

タマホームの標準仕様は?

 

タマホームの標準装備は商品プラン「大安心の家」からご紹介。ベーシックなタイプの商品ですが、標準装備は比較的充実していると言えるでしょう。数種類から選択することになる商品もあるので、自分の暮らしに合わせた選択を行いましょう。

 

・キッチン(クリナップ、LIXIL、EIDAI、タカラスタンダード)
・ビルトイン浄水器(LIXIL、EIDAI、タカラスタンダード)
・リビング収納(LIXIL、EIDAI、タカラスタンダード)
・システムバス(LIXIL)
・キレイサーモフロア
・くるりんポイ

 

外壁材や屋根材も暮らしに合わせて選択することが可能。タマホームでは「ナチュラルスタイル」「シンプルスタイル」「スタンダードスタイル」「ベーシックスタイル」などスタイルごとに選ぶこともできるので、自分の好みや住宅に合わせた外壁選びも楽しめるポイントかもしれません。

 

タマホームの住宅性能はどうなの?

 

タマホームのベーシックな商品プラン「大安心の家」は耐震等級で最高ランクとなる「3」を標準搭載。「ベタ基礎工法」や「耐力面材」の採用など、耐震性にも力を注いでいるのが分かります。

 

数字として表面上だけで公表されているのではなく、自社での実証実験も行っており、人工的に作り出された大きな揺れにもしっかりと耐えていることが発表されています。

 

同じように断熱性能でも「断熱等性能基準」にて最高ランクとなる「4」を獲得。プランにより左右されてしまうこともありますが、基本的には高い断熱性を確保されていることが分かっています。

 

タマホームは値引きはない?実際のとこどうなの?

 

タマホームでの値引きに関しては実のところほとんど期待はできません。というのも、タマホームは以前から「値引きのできないメーカー」として有名で、実際に現金値引きを体験している人はほとんどいません。

 

しかし代わりにオプションのサービスなどで対応していることがあり、何かしらお得にはなるようにされているよう。

 

過度な現金値引きを行うのはおすすめできませんが、一度サービスを相談してみるのはいいのかもしれません。

 

まとめ

 

ローコストメーカーとして高い知名度を誇るタマホームですが、実際のところはそれほど大きな安さを見せてはいないようです。それでも全国平均ではかなり安くなっているので、見てみる価値はあります。

 

耐震等級や断熱性などの住宅性能も確保され、大安心の家なら充実した標準装備も整っています。

 

安定した住宅を見れば価格にも納得がいくようになっています。