住友不動産の評判はどう?坪単価・標準仕様・値引きなどの情報まとめ!

 

住友不動産はハウスメーカーとしては非常に手広く展開しているメーカーで、一般の人向けの注文住宅からホテル経営、資産運用まで様々な分野で建設を行っています。

 

そんな経営方針に加え、名前の大きさから比較的高めの費用を必要としそうなイメージですが、実は一般向けの注文住宅なら比較的低価格で提供。

 

メーカーとしての安心感も確保しながら、低価格で住宅を建てることができるそんな住友不動産についての情報をまとめてみました。

 

住友不動産の評判はどうなの?満足、後悔どっち?

 

まずは口コミの紹介、といきたいところですが簡単な住友不動産の概要についてをまずはご紹介しようと思います。

 

住友不動産はその名の通り、かつての住友財閥から誕生したハウスメーカー。様々な分野で活躍していますが、注文住宅として特徴的なのはデザイン性。

 

過去に幾度かグッドデザイン賞にも輝いており、外観にも重きを置く方から高い人気を集めています。価格帯は決して格安とまではいかないものの、総合的に見ると低価格。各種性能と並べた時に特に価格帯でお得さを感じるかもしれません。

 

では住友不動産を利用した方からの口コミを見ていきましょう。

 

微妙な口コミ

 

「安い商品になるとローコストメーカーとしても納得できますが、高くなるともはやローコストメーカーの域を超えた価格に。安く建てようとしている人は少し気を付けた方がいいかもしれません」

 

「デザイン性に優れていると聞いて相談したのですが、耐震性に少しこだわりを伝えると外観の選択肢が一気に少なくなってしまいました」

 

良かった口コミ

 

「日本に住む以上やっぱり地震への心配が大きかったので、確かな耐震性を確保できるメーカーを探していたところ住友不動産へと行きつきました。結果的にはとても満足しています」

 

「外観のデザインもよく、見た目にも満足ですが何よりもその上価格もかなり安くできたことに満足しています。住友不動産は高めだと思っていたのでかなり良い買い物ができました」

 

「住友不動産と名前の通りかない大きなメーカーで、建てるまでも建てた後も安心して任せることができます」

 

「家そのものの性能も高く、アフターサービスも充実しているので長く暮らすのに適したハウスメーカーではないでしょうか。これも名前の大きさが関係あるのかもしれません」

 

口コミまとめると

 

住友不動産というネームバリューを感じる人が多く、それでいて価格帯も抑えられることから住宅そのものにもしっかりと満足感を感じられるようです。会社が大きく、アフターサービスからその後長きに渡る安心感を得られるのも特徴。

 

取り扱っているジャンルも非常に幅広く、どんなことにも柔軟に対応してくれるメーカーですがその反面価格帯もかなり幅広く場合によってはローコストの域を越えてしまう価格になることもあるようです。

 

住友不動産の坪単価や価格はいくら?

 

住友不動産の商品ごとの坪単価、そして平均的な坪単価のご紹介もしておきます。いくつかある商品プランから代表的な物をピックアップしてご紹介するので、是非参考にしてください。

 

J・RESIDENCE

 

グッドデザイン賞を受賞したことのあるデザイン性に優れた住友不動産のスタンダートプラン。大開口やリビングから直接繋がるウッドデッキなど開放的な作りを徹底した設計は、新しい日本の家をイメージしたスタンダードながら斬新なスタイル。

 

天然木を使用しているので、実際に住んでみて初めて分かる部屋の空気も是非体感したいところです。

 

坪単価は約60万円〜。

 

J・URBAN

 

スタンダードでベーシックなタイプの住宅がJ・RESIDENCEだとすれば、このJ・URBANは少し先の未来をイメージした商品プラン。

 

シンプルで洗練されたデザインは外観だけでなく、内装にも表れており一風変わった空間を堪能することができます。

 

窓を多く設置しているので光をしっかりと取り入れることができ、見た目にも暮らしてみても明るい住宅となります。

 

坪単価は約55万円〜。

 

BREATH MONTAGNA

 

日本の新しいスタンダードを意識した家作りを行いながら、世界各国をイメージした家作りも同時に展開。この商品タイプはその中からヨーロピアンスタイルを意識した設計を行い、デザインや間取りにいたっても普段味わうことができないものとなっています。

 

世界各国を意識した商品プランは他にもあり、邸宅型住宅シリーズの「Foreignスタイル」としていくつか登場しているので要チェックです。

 

坪単価は約60万円〜。

 

住友不動産の平均的な坪単価は約50万円前後。一般的なハウスメーカーの坪単価と比べると安くはなっていますが、ローコストメーカーとしては比較的高い所に位置しています。

 

デザイン性や性能が優れている証拠ですが、安さを求める人には不向きなのかもしれません。

 

住友不動産の標準仕様は?

 

デザイン性に目が行きがちですが中身の標準装備についても確認しておきましょう。

 

標準装備

 

・システムバス(住友不動産オリジナル)
・洗面所(住友不動産オリジナル)
・キッチン(住友不動産オリジナル)
・トイレ(住友不動産オリジナル)

 

基本的な各種設備は自社のオリジナルを採用していますが、場所によっては他メーカーのものを採用。しかし住友不動産で是非とも確認しておきたいのはやはり外壁になるでしょう。

 

住友不動産では「SPW構法」と呼ばれる次世代外壁構法を採用しており、耐震性の高さを飛躍的にアップさせることが可能になっています。

 

さらにこのSPW構法は住友不動産の目玉として、デザイン性の確保も実現。強度とデザイン性の両方を同時に実現しています。

 

住友不動産の住宅性能はどうなの?

 

地震などの住宅性能に関してもう少し詳しく触れておきます。加えて断熱性についてもご紹介。

 

耐震性能

 

住友不動産は「2×4工法」を採用しており、家全体を面で囲んだ耐久性の高い住宅を建設しています。「2×4」としての基本的な性能に加え、住友不動産独自の制震システムを使用。そして既にお伝えしている「SPW構法」を加えれば非常に高い耐震性を持つ住宅が完成します。

 

耐震等級は最高ランクとなる「3」を取得。

 

断熱性能

 

断熱性にも定評のある住友不動産は、「2×4」よりもさらに高い性能を実現する「2×6」も取り扱っています。断熱材の厚さを約1.5倍に、透湿・防水・遮熱シートを設置。従来の「2×4」と比較すれば段違いの性能を誇ります。

 

「2×6」により発揮するUA値は0.4。省エネルギー基準を大きく上回る性能となっています。

 

住友不動産は値引きはない?実際のとこどうなの?

 

多くのローコストメーカーが値引きになかなか良い反応を示さない中、住友不動産では比較的値引きに対応してくれるという声が多く挙がっています。

 

やはり価格帯も少々上がってしまうのが原因となるのか、キャンペーンなどではなく直接購入する側から値引きの相談をした時に真っ先に断られるということも少ないようです。

 

しかし値引きをするには正当な理由が必要としており、「どういった理由で値引きを希望しているのか」というのを明確にしてから相談することをおすすめします。そうすれば比較的スムーズに話も進むことになるでしょう。

 

まとめ

 

決して破格の値段とは言えない住友不動産ですが、上手く相談を進めれば比較的安く抑えることができるはず。

 

しかし一歩間違えば、ローコストメーカーではなく平均的な価格、もしくはそれ以上にもなり兼ねないので焦りは禁物です。

 

とはいえローコストメーカーとして見ればデザインも性能もトップクラス。ハウスメーカーとしても非常に大きな所なので安心感もまたトップクラスのメーカーです。