レオハウスの評判はどう?坪単価・標準仕様・値引きなどの情報まとめ!

 

業界トップクラスをいくローコストメーカーとして存在している「レオハウス」。もちろんローコストメーカーとしての魅力は価格帯ですが、それだけではなく標準仕様などがどうなっているのかも知っておきたいところです。

 

そこで「レオハウス」の基本的な情報の確認から口コミに至るまで、既に上がっている情報をひとまとめにしご紹介。

 

「レオハウス」をこれから選ぼうとしている人もまだ検討中の人も、改めて確認してみてください。

 

レオハウスの評判はどうなの?満足、後悔どっち?

 

まずは全体的なレオハウスの評判から。レオハウスは「満足」できるメーカーなのか、はたして「後悔」してしまうメーカーなのかこの見極めは難しく、それを知る最適な方法が評判を見ることです。

 

レオハウスはローコストメーカーとして安さはもちろんのこと、デザイン性にも溢れた住宅を設計。その中でも「coco Life」という商品で高い品質と自由度を確保。ただ安いだけでは終わらない家作りを展開しています。

 

微妙な口コミ

 

「他のメーカーと比べた時、同じ程度の性能を確保した上でもっと価格の安い所を見つけてしまったのでそちらを選択。決して悪くはないのですが中途半端なイメージです」

 

「断熱性といった基本的な性能はしっかりしているようですが、音に関しては少し不満があります。外からの音が響きやすく、もしかしたら中からの音も漏れているのかと思うと不安です」

 

良かった口コミ

 

「価格の安いところはあまり凝った設計ができないイメージでしたが、レオハウスではいろいろと自分で選べるプランがあり楽しみながら家作りをできました」

 

「住宅性能はかなり良く、過ごしていて快適さをしっかりと実感できています」

 

「相談する為に実際に足を運ぶ前に、ネット上でシミュレーションを行えたのがとても印象的です。その結果を印刷して持っていけば手間もかなり省かれるので相談もスムーズに進みました」

 

「オリコン顧客満足度、というランキングで1位を獲得している実績は確か。実際にここで家を選びましたが、その通り価格帯には納得できました」

 

口コミまとめると

 

価格帯に関しては申し分なし、という印象のレオハウスですが性能も加え他と比較した時に「もっと良い所が見つかった」という声がいくつか挙がっています。悪く言ってしまうと「中途半端」となっているようです。

 

それでも低価格なのに「選ぶ楽しさ」がある点では評価が高く、人気商品である「coco Life」などが特に高い評価を集めているようです。

 

レオハウスの坪単価や価格はいくら?

 

基本的な情報としてレオハウスの坪単価含め価格帯はどうなっているのか、それに関しても見ておきましょう。まずはレオハウスの平均的な坪単価から。

 

レオハウスの平均的な坪単価

 

レオハウスはローコストメーカーとして非常に安い価格を発表しており、最低価格として挙げられている坪単価はなんと約25万円。

 

全ての商品でこの価格帯が実現するわけではないので、平均坪単価は40万円前後といったところになります。

 

人気商品coco Life

 

レオハウスを代表する商品である「coco Life」は公式サイトからも価格が発表されている珍しいタイプの商品。良い評判の要因ともなっているこの商品の価格は1、070万円〜。もちろん新築の価格で、坪単価で表せば約35万円前後といったところです。

 

「coco Life」は2階建てや平屋といった住宅タイプから間取り、壁紙、床材とありとあらゆる設備を選ぶことが可能となっている商品プラン。

 

全てで暮らす人のこだわりを発揮することができ、それでいて最低価格を発表しているので最終的な見積もりで大きく費用が膨らんでしまうことを防ぎます。

 

レオハウスの標準仕様は?

 

レオハウスでは標準装備に関しても公式からしっかりと公表されており、一目で分かるこの仕様もまた高い評価を集める要因の1つ。グレードアップすることもできますが、あくまでも標準装備として含まれている物をご紹介します。

 

・キッチン(LIXIL)
・浴室(LIXIL)
・洗面台(LIXIL)
・トイレ(LIXIL)
・カーテンレール(トーソー)
・縁なし畳(大建工業)
・照明ダウンライト(パナソニック)
・インターフォン(パナソニック)

 

基本的には標準装備となる物のメーカーを選択することはできませんが、レオハウスの人気商品である「coco Life」ならオプションとして設備の追加、グレードアップを行うことも可能。

 

自分の好みに合わせて家作りを行うことができます。

 

レオハウスの住宅性能はどうなの?

 

自由な設計を行っているレオハウスですが、各種住宅性能にも注目しておきましょう。

 

耐震性能

 

まずは住宅性能の代表的な存在である「耐震性能」。

 

レオハウスでは4つのポイントに着目した対策を確保しており、「ベタ基礎」「耐力面材」「耐震構造」「剛床構造」を発表しています。今では一般的になりつつある「6面体構造」を基本とし、制震システム「L-SAV」を搭載。

 

バランスの良い高い耐震性を確保しています。

 

断熱性能

 

「省エネルギー基準」としても一定の性能を義務付けられている断熱性能。レオハウスもまた断熱と、そこから繋がる省エネ住宅に強い力を注いでいます。

 

断熱性能を確保する上で必要な断熱材をレオハウスでは2種類のものから選択が可能。「吹き付け断熱」もしくは「グラスウール断熱」から住宅に合わせて選択します。

 

断熱性能をさらに向上させるため、レオハウスではオプションとして「全熱交換型の24時間換気システム」も設置が可能。空気を綺麗にしながら温度を保つことができるので是非検討しておきたいところです。

 

不明確な数字

 

耐震性を表す「耐震等級」に断熱性を表す「Q値」、レオハウスではいずれの数値も公式から発表されておりません。

 

この部分に不安を感じることがあるかもしれませんが、そういった場合は相談の時点でしっかりと担当の方に確認を取ることをおすすめします。

 

レオハウスは値引きはない?実際のとこどうなの?

 

「値引き」に関しても知っておきたいところですが、既に公式からも価格帯をしっかりと明記しているレオハウスではなかなか値引きは難しいところです。

 

標準装備に加え、どれをオプションとして搭載するかもしっかりと事前に明記しているので現状では期待はできません。

 

中には相談したことで、「一旦保留にする」という対応をされた方もいるようですがいずれにせよ100%値引きが可能というわけではなく、ほとんどの場合が残念な結果に終わることになりそうです。

 

まとめ

 

業界トップクラスの安さ、それに加えて自由設計に充実した標準装備、と詳しく見れば見るほど魅力的に見えてくるレオハウス。

 

値引きや住宅性能の不明確さなどで不安となる部分もありますが、相談の時点でしっかりと確認すればその不安も無くなるはず。

 

価格が明確にされているので、むしろ安心して相談することができるので予算をしっかりと設けている人にとっては非常に良いメーカーとなるのかもしれません。