富士住建の評判はどう?坪単価・標準仕様・値引きなどの情報まとめ!

 

富士住建は関東を中心に家作りを展開しているハウスメーカー。

 

こだわりのある家作りを行っており、ローコストメーカーとは言われているものの破格な安さとまではいかない性能面にこそ注目したいメーカーとなっています。

 

ではこの富士住建についての基本的な情報をご紹介。

 

まずは最も基本的な情報として概要を簡単にご説明、そして口コミから坪単価、富士住建で見ておきたい標準装備などをご紹介します。

 

富士住建の評判はどうなの?満足、後悔どっち?

 

まずは簡単な概要から。

 

富士住建は関東を中心に活動を展開しているハウスメーカー。そのためなかなか知らない人もいるかもしれませんが、こだわりの家作りなどで注目を集めているメーカーです。

 

特にこのメーカーが注目されているのは「完全フル装備の家」と呼ばれる商品プラン。これは標準で選りすぐりの設備が付いてくるもので、オプションを付けたくない人や余分な費用を掛けたくないという人にとっておすすめのプランです。

 

このプランを筆頭にローコストメーカーとして価格をはじめ品質にも注目。

 

次はそんな富士住建の口コミについてご紹介いたします。

 

微妙な口コミ

 

「ローコストメーカーとして見るとやっぱり少し物足りません。性能や家自体にはとても満足しているので、これでもう少し価格を安く抑えられたら問題無しなんですが」

 

「装備が充実しているというプランを選びましたが、少しの変更を相談するとその分価格が上がってしまいます。あまり融通が利かないように感じます」

 

良かった口コミ

 

「富士住建で完全フル装備の家を購入しました。はじめから必要な物が全て備わっており、価格も明確になっていたので契約までとてもスムーズに進みました」

 

「地震や断熱性といった基本的な性能はもちろんですが、化学物質や劣化対策といったところにも気を配った家作りを行っているところに惹かれました」

 

「木を使った家がいいと思っていましたが、富士住建では完全フル装備でかつ檜の家も取り扱っており迷わず相談に行きました。結果的には考えていたよりも価格は上がってしまいましたが良い買い物をできたと思っています」

 

「完全フル装備がどれほどのものか正直なところ疑っていましたが、一般的にはオプション扱いにもなるカーテンやエアコンもしっかり含まれていると聞きほとんど即決してしまいました」

 

口コミまとめると

 

完全フル装備の家は富士住建の目玉でありスタンダードな商品プラン。そのため、この商品に関する声がほとんどを占めていますが商品に対しては良い声が多く集まっています。

 

ただしローコストメーカーとして考えた時に少々価格が上がってしまうことが悪い声として挙げられ、価格に関してはローコストメーカーの中でも高い部類に入ってしまうかもしれません。

 

富士住建の坪単価や価格はいくら?

 

富士住建の坪単価についてご紹介。完全フル装備の家をベースにいくつかの商品を発表しているので、それぞれいくつかをピックアップしご紹介します。

 

完全フル装備の家 スタンダード

 

富士住建の最もベーシックな商品であるこのスタンダードタイプは、ベーシックながらその名の通り「完全フル装備」となっている物です。

 

「4つのこだわり」を持ち、「ハイグレードな標準装備」「自由設計」「長く安心して暮らせる」そして「適正価格」が特徴。

 

気になる価格帯は坪単価約50万円〜と標準で完全フル装備である通り、ローコストメーカーとしては少し高めの設定です。

 

完全フル装備の家 HIRARI

 

HIRARIは富士住建の平屋タイプの商品。しっかりと高品質な標準装備を備えつつ、平屋としての良い部分を取り入れた住宅となっています。もちろんこの商品も自由設計で、暮らす人のこだわりを余すことなく反映させることが可能です。

 

坪単価は約45万円〜。

 

完全フル装備の家 ひのきの家

 

無垢檜材を採用したこの「ひのきの家」は他タイプと比べても断トツに住み心地の良い住宅です。この商品プランはさらに純和風「檜日和」、モダンな「紀州の風」の2つから選択が可能。

 

いずれも木のぬくもりを楽しめるタイプで、「檜日和」のタイプでは装飾にもこだわったまさに日本の家を味わうことができます。

 

坪単価は約55万円〜。檜を使っているということもあり、富士住建でも特に価格が高くなりがちな商品となっています。

 

富士住建の平均的な坪単価は約50万円前後。高くなると60万円にもなるので慎重に選ぶことが必要になりますが、もともと標準装備も完備、さらにグレードも比較的高い物を揃えているのでこの必然的に価格はこの程度になってしまうようです。

 

富士住建の標準仕様は?

 

富士住建の標準装備は是非とも確認しておきたい目玉の1つ。いくつかある種類から選択可能な物もあるので、契約を交わす前にしっかりと吟味しておきたいところです。

 

富士住建の目玉、標準装備

 

・システムキッチン(トクラス、クリナップ)
・食器洗い乾燥機
・洗浄機一体型水栓
・システムバス(TOTO、トクラス)
・浴室暖房換気乾燥機
・人造大理石バスタブ
・洗面化粧台(INAX、TOTO)
・トイレ(INAX、TOTO)

 

 

標準装備の充実したハウスメーカーとして存在している富士住建。こだわりはこういった中身だけでなく外壁にも表れています。

 

雨の力で汚れを洗い流すことが可能な「ナノ親水マイクロガード」を搭載した「高耐久外壁材Fuge」を採用。性能も優れ、見た目にも美しい外壁となっています。

 

富士住建の住宅性能はどうなの?

 

富士住建は完全フル装備の家をはじめとする設備に関して注目されがち。しかし耐震性といった住宅性能にも定評のあるメーカーとして存在感を発揮しています。そんな各種住宅性能をご紹介します。

 

耐震性能

 

富士住建はモノコック構造を採用。住宅全体を面で囲うことにより衝撃を分散することが可能になる構造です。

 

その面となる部分には「ハイベストウッド」を使用、基礎となる部分にも住宅を支えるための強度の高い構造を用い上から下まで対策を施しています。もちろん事前に地盤調査を行い、土地の状況を確認することも忘れてはいません。

 

耐震等級は最高ランクとなる「3」を取得しています。

 

断熱性能

 

断熱性の確保も忘れてはいけません。富士住建が施している断熱性は「高性能断熱材」の使用から、「Low-Eペアガラス採用窓」「樹脂サッシ」そして最も熱の出入りが激しくなる玄関ドアには「アルゴンガス入りトリプルガラス」を採用した断熱パネルドアを使用しています。

 

残念ながら断熱材を表すUA値等の発表はありませんが、住宅性能表示制度の「断熱等性能」では最高等級対応可能としているので相談時に確認してみることをおすすめします。

 

富士住建は値引きはない?実際のとこどうなの?

 

値引きに関しても気になるところですが、残念ながら富士住建では一切の値引きを断っているハウスメーカーとしてよく知られています。

 

「営業所によっては対応もあるのでは」と思ってしまう人もいるかもしれませんが、富士住建ではあまり求めないことをおすすめします。

 

というのも、このメーカーは初めから充実の標準装備を謳い、価格帯も明確にされていることからそこから下げることを想定していないのだそうです。

 

例えば標準装備の物から1つを選び、グレードを下げたとしても価格は変わらないと言います。

 

無理な値引きはその後の話し合いに支障をきたすことにもなり兼ねないので、期待せずに進めるほうがいいでしょう。

 

まとめ

 

「完全フル装備」と称した充実の標準装備が評判の富士住建。

 

しかし装備が充実している反面、価格帯ではローコストメーカーの中でも比較的高くなってしまい、費用だけで判断すると少し肩透かしをくらってしまうかもしれません。

 

もちろん装備だけでなく性能に関してもほとんど文句なしとなるメーカーなので、決して費用だけで判断は出来ません。

 

予算と、各種性能、装備を確認することが必要になるでしょう。