アイフルホームの評判はどう?坪単価・標準仕様・値引きなどの情報まとめ!

 

ローコストメーカーの1つとして家作りを行っている「アイフルホーム」。実は良く知らないことも多いであろう、ここ「アイフルホーム」の基本情報を改めてご紹介しようと思います。

 

ただ価格が安いだけなのか、各種住宅性能はどうなっているのか、そして実際にここを利用した人からはどんな評価を受けているのか。

 

「アイフルホーム」が気になっている人もそうでない人も、家探しを行うのであれば情報として頭に入れておくといいかもしれません。

 

アイフルホームの評判はどうなの?満足、後悔どっち?

 

アイフルホームとはハウスメーカーとしてはトップクラスの規模を誇るフランチャイズメーカーの1つ。ローコストメーカーとしては価格の安さと安定した性能を確保していますが、一番の特徴は「ネット限定販売商品」の取り扱いです。

 

その名の通り、インターネットでの販売に焦点を合わせた商品で価格帯は驚異的な坪単価20万円代。この商品を筆頭に、低価格な家作りを行っています。

 

それを踏まえた上で、この家作りがどのような評判を呼んでいるのか、利用者からの口コミをご覧ください。

 

微妙な口コミ

 

「安く家を建てられるのは確かですが、結局は規格住宅のようなものになり自由度はあまり高くない印象です」

 

「フランチャイズ方式を取っていることもあり各代理店で少しずつですが対応に差を感じます」

 

良かった口コミ

 

「かなり安く建てることができ、浮いた分を他に使う、なんてこともできました」

 

「大元が大手のメーカーであるリクシルなので浴室やキッチンといった設備にも信用が持てます。それを含めてもとても安く建てられるので満足しています」

 

「二世帯住宅で両親と共に暮らすために手すりを付けるなどいくつか設備をプラスしましたが、それでもなお安く建てることができました」

 

「ローコストとは聞いていましたが、外観もお洒落な家が完成しました」

 

口コミまとめると

 

価格帯が非常に安くなっていることから、そこに対する声が圧倒的。外観も比較的デザイン性に溢れた住宅を建てることができるので、安さを感じさせない家作りが評判を集めているようです。

 

しかし注文住宅の特徴である自由度はそこまで高くはなく、ある程度決まりきった家になってしまうという部分で残念だと言う声が挙がっています。

 

アイフルホームの坪単価や価格はいくら?

 

アイフルホームにはいくつもの商品プランがあり、それにより価格帯も異なります。ここでそのいくつかの商品ごとの価格帯をご紹介、それを踏まえてアイフルホームの平均的な価格帯をご紹介したいと思います。

 

セシボ

 

アイフルホームの人気商品でありベーシックなタイプの商品プラン。坪単価は約40万円〜といったところになっています。セシボからも「零」「極」「爽」といくつかの商品が出ており、さらに枝分かれしています。

 

スプリーム

 

スプリームはアイフルホームの3階建てのプラン。そのため他の物に比べて少し価格も上がってしまいがちですが、坪単価は約45万円〜と他のメーカーと比べれば抑えられていることが分かります。

 

アヤ

 

アヤはワンフロアからなる平屋タイプの商品。坪単価は約45万円〜となっていますが、平屋にはそれ特有の設備を備えることもあるので価格を抑えることに特化したものではありません。

 

i-Praime7

 

この商品はインターネット限定で購入することのできる商品で、本体価格はなんと700万円〜という驚異的な安さを実現しています。非常にシンプルな造りとなっていますが、物にこだわらないという人にはうってつけ。もちろん耐震等級や各種性能は他商品プランと同等のものとなっています。

 

 

これらを踏まえて見えてくるアイフルホームの平均的な坪単価は40万円前後。ローコストメーカーとしても平均的な価格帯になっています。

 

アイフルホームの標準仕様は?

 

アイフルホームの標準装備についてもご紹介しておきます。今回紹介するのはネット限定販売されている「i-Prime7」からです。

 

・I型キッチン(LIXIl)
・オールインワン浄水栓
・システムバスルーム(LIXIL)
・エコフルシャワー
・丸洗いカウンター(LIXIL)
・シャワートイレ
・防汚コート搭載外壁(LIXIL)

 

アイフルホームは大元がLIXILということもあり、ほとんどの設備がLIXIL製品を使用しています。元の会社の物を使うということは価格を抑えることにもなるので、安心の価格と性能を期待できるはずです。

 

アイフルホームの住宅性能はどうなの?

 

アイフルホームの各種性能はどうなっているのでしょうか。

 

耐震性能

 

耐震性を知る為には「耐震等級」を知りたいところ。耐震等級とは1〜3の数字で表され、数字が大きければ大きいほど耐震性も高いとされています。そんなアイフルホームの耐震等級は最高ランクとなる「3」。これを獲得するのはいくつもの取り組みが行われているからです。

 

まずは建物を支える地盤を調べる「地盤調査」。地盤の安全性を確保したら、「基礎工事」を行い建物のベースを作ります。基礎は地盤に合わせて選択され、その都度最適なものを施工。

 

そして「グランドスラム構法」と呼ばれる構造体を作り、全体のバランスを確保することで耐震等級、そして高い耐震性を確保することになるのです。

 

断熱性

 

断熱性も住宅建設で忘れてはいけない要素の1つ。

 

アイフルホームの断熱性は大きく3種類用意されており、1つは「フェノールフォーム」による断熱、1つはフェノールフォームを壁の内と外に取り付ける「ダブル断熱」、そしてもう1つは「グラスウール」による断熱です。

 

いずれも高い性能を確保しており、断熱性を表すUA値は「フェノールフォーム」では0.4、「ダブル断熱」では0.3を記録しています。

 

アイフルホームは値引きはない?実際のとこどうなの?

 

値引きに関しても触れておきます。

 

多くのローコストメーカーが価格の低さからか値引きへの対応をしていませんが、アイフルホームでは値引きが可能という声が多く挙がっています。もともとの安さに加え、多いところでは100万円ほどの値引きも実現しているようで、価格に焦点を当ててメーカー探しをしているのなら外せません。

 

もちろん一概に値引きが可能としているわけでもなく、あくまで可能性の話です。

 

そしてアイフルホームはフランチャイズ方式を取っており、加盟店ごとに価格設定にも差が出ることがあります。もしも値引きを考えているのなら、いくつかの加盟店を当たってみるといいかもしれません。

 

まとめ

 

価格帯や充実の標準装備は良い声として挙がっていますが、やはり値引きに対する印象が他と違うのがアイフルホーム。とはいえ、価格だけを気にするのは危ない選択で、価格を含めた全体を見ることが大切です。

 

アイフルホームでは耐震性でも断熱性でも非常に高い数字を確保しているので、そのあたりに関しては多少は心配を防げるでしょう。後は自分の好みに合わせて商品をタイプを選び、設備の確認をしたりすれば自ずと良い住宅が建てられるのではないでしょうか。